UWSCとは・・・

UWSCとは、Windows自動化ツールでマウスやキーボードの操作を記録して、再生できるソフトです。

いつも行うような定型処理を自動化することが可能となります。

また、強力なスクリプト言語により、操作をプログラミングすることが可能です。

そのUWSCのプログラミングについてあれこれ書いていきます。

UWSC公式ホームページ・・・http://www.uwsc.info/

2010年06月04日

UWSCであし@攻略 その1

今回は実用的なプログラムとして、「あし@」攻略ツールを作ってみます。

まずは、UWSCを使って、あし@にログインするまでのプログラムを作ります。


mail_add="xxxx@xxx.xx" //あし@のログインするメールアドレスを設定
pass="xxxxx" //あし@のログインパスワードを設定

//インターネットエクスプローラーを開く
Dim IE = CreateOleObj("InternetExplorer.Application");
IE.visible = TRUE;

//あし@にアクセス
IE.Navigate("http://www.ashia.to/");

//あし@が開くまで待つ
REPEAT
SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate=4

//あし@にログインする
IESETDATA( IE,mail_add, "mail_address" )
IESETDATA( IE,pass, "password" )
IESETDATA( IE,1,"","ログイン")

//ログイン後のページが表示されるまで待つ
REPEAT
SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate=4

//あし@クッキーを発行にする
IE.Navigate("http://www.ashia.to/member/cookie/");

//次の画面が表示されるまで待つ。
REPEAT
SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate=4

//あし@クッキーを有効にする
IESETDATA( IE, 1, "", "足跡クッキーを発行する" )

//次の画面が表示されるまで待つ。
REPEAT
SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate=4



以上であし@にログインし、あし@クッキーが有効になるようになりました。


posted by プログラマン at 01:08| Comment(5) | UWSC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

UWSCサンプルプログラム22

UWSCサンプルプログラム22

今回は前回(UWSCサンプルプログラム21)の発展系で、ある特定の拡張子を持つファイルの一覧を表示するサンプルプログラムを作ります。


for i=0 to GETDIR("C:\temp","*.jpg")-1
  print GETDIR_FILES[i]
next


Cドライブのtempフォルダ内の拡張子が「jpg」のファイルの一覧を表示します。
posted by プログラマン at 10:00| Comment(0) | UWSC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

UWSCサンプルプログラム21

UWSCサンプルプログラム21

あるフォルダのファイルの一覧を表示するサンプルプログラムを作ります。


for i=0 to GETDIR("C:\temp")-1
  print GETDIR_FILES[i]
next


Cドライブのtempフォルダの中のファイルの一覧を表示します。
posted by プログラマン at 10:00| Comment(0) | UWSC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。